< 清 掃 >


■分解できるところは分解!が基本


OA機器は放熱のためにファンが内蔵されているものが多いので、使っているうちに内部にホコリがたまっていきます。
そのままにしておくと空気の流れが悪くなり放熱効果が下がります。当店では発送前には分解できるところは分解して清掃いたします。
プリンターの分解

■細部の紙粉やホコリはエアダスターで


何百枚何千枚も印刷していると紙粉もたまりますね。
たまった紙粉が機器内部のローラーなどに付着すると故障の原因に・・・。
これらはエアダスターやハケを使って除去します。
プリンターの分解清掃1  プリンターの分解清掃2  
プリンターの分解清掃3

■給紙ローラーも清掃


紙粉が付着して白っぽくなったゴム製給紙ローラーは紙詰まりの原因です。
専用のクリーナーで紙粉を取り除くと同時にゴムを活性化します。
プリンターのゴムローラー1 プリンターのゴムローラー2

■外側の汚れ・黒ずみはクリーナーで


OA機器は白い色のものが多いので汚れが目立ちます。
お客様に気持ちよくお使いいただきたいので、外側の汚れはメラミンスポンジや専用のクリーナーで丁寧に清掃します。
日焼けなど変色は清掃しても元には戻りません。外観に気になる変色があった場合はその箇所の写真を商品ページに掲載するようにしております。
プリンターの清掃1  プリンターの清掃2
プリンターの清掃3
このほか、レーザープリンターの一部機種では内部メンテナンスの一環として転写ローラーの清掃・レーザー反射鏡の清掃を行います。


< 動作チェック >



プリンター・スキャナーなどパソコン周辺機器の動作チェックはWindowsXPにて行います。
USB・LAN・パラレル それぞれのインターフェースで動作をチェック!
プリンターのインターフェース プリンターのインターフェース

給紙が正常に行われているか、印刷結果に問題はないか確認します。
プリンターの給紙

ファックス機の場合は送受信のチェックとコピーのチェックを行います。
送受信チェックは中国電力メガエッグの光電話回線で行いますが、機器自体が光回線が普及する以前に製造されているものもありますので、光回線での動作は保証の対象外とさせていただきます。ご了承下さい。
Copyright(c) 2012 Pastel Design All rights reserved