プリンター接続方法 OA機器塾トップへ

プリンター用語集


プリンターやOA機器に関する用語集です。

プリンター

プリンタとは、コンピュータを使って作成された文書、表、図形、画像などのデータを、紙などの媒体に印刷する機器の総称である。 プリンタには様々な分類方法と呼び名がある。一度の印刷で扱うデータの単位で見れば、文字単位で印刷するシリアルプリンタ、行単位で印刷するラインプリンタ、ページ単位で印刷するページプリンタなどがある。 印刷方式で分類すると、プリンタはインパクトプリンタとノンインパクトプリンタの2種類に大別することができる。インパクトプリンタはインクリボンを紙に打ち付けることで印刷を行うもので、それ以外の方法で印字するものはノンインパクトプリンタに分類される。ノンインパクトプリンタは、さらに熱転写プリンタ、インクジェットプリンタ、レーザープリンタなどの種類に分けることができる。 インクジェットプリンタは、インクに圧力をかけて細いノズルの先端からインクを紙に吹き付けて印刷する方式を用いる。インクジェットプリンタは、レーザープリンタなどに比べると精細さや印刷速度に劣るが、小型化が用意で安価なため、家庭用などで広く普及している。 レーザープリンタは、感光体にトナーを付着させ、熱と圧力によって紙に転写する方式を用いている。比較的高価で、小型化が難しいが、印刷速度が速い上に静かで、出力も高精細である。レーザプリンタは主にオフィスなど業務用途で利用されている。 熱転写プリンタは、さらに「溶融型」と「昇華型」に分けられる。「溶融型」の熱転写プリンタは、インクフィルム上の固形インクを熱で溶かし、紙に転写する方式であり、塗りつぶしや、明確な線の描画などに適している。インクジェットプリンタが各家庭に普及する以前は、個人向けのプリンタとしての主流であった。他方、「昇華型」の熱転写プリンタは、インクフィルムに染み込ませた染料を熱で昇華させ、紙に転写する方式である。こちらは発色の良さや微妙な色彩表現に優れており、写真などの出力に適している。

OA機器塾トップへプリンター用語集へ
Copyright(c) 2012 Pastel Design All rights reserved